医療レーザー脱毛について

医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛を始めるにあたって、エステサロンに行くか、クリニックに行くか、悩まれる方は多いと思います。
どちらが良く、どちらが悪いということはありませんが、メリットとデメリットを把握しておくことで、選びやすくなると思います。
エステとクリニックでは、脱毛の方法に違いがあります。
簡単に表すと、エステは光脱毛(サロンによってフラッシュ脱毛と言ったりプラズマ脱毛と言ったりしますが、全て光脱毛の一種です)、
クリニックはレーザー脱毛です。
(針脱毛は両者とも採用していますが、数は少ないです)
光脱毛とレーザー脱毛は、光の波長や威力が違います。
光脱毛に比べ、レーザー脱毛は威力が高い分、効果は早く出ますが痛みを伴います。
病院で施術を受けるとは言っても、脱毛は医療行為にはならないので健康保険は使えません。
全額自己負担(クリニックが自由に価格設定しています)になるので、高額になる場合が多いです。
逆に、光脱毛は威力が弱いため痛みは少ないですが、その分効果が表れるのに時間がかかります。
また、サロンの増加と同時に価格競争が起っており、低価格で施術を受けることが可能です。
以上の点を踏まえておけば、ご自身が脱毛したい箇所、予算などを考え、通う先を決めるにあたって参考になります。
ただし、上記はあくまでトータル的な特徴です。
また、痛みににも個人差があるので一概には言えません。
詳しくは、カウンセリングなどで詳しく相談してみましょう。

 

医療レーザー脱毛のメリット、デメリット

レーザーとは、波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用する性質をもっています。
それを利用し、黒い色だけを感知し、その部分にのみ集中的に熱を加え、組織を破壊するのがレーザー脱毛です。
それ故レーザー脱毛は、医療用レーザーと言われ、医師でないと行うことができません。
理由は、黒い色だけに反応する単一のレーザー光は、高出力のため肌トラブルの可能性が高いということ。
強い光は色素が濃い部分(アザや日焼け後など)には過剰に反応してしまい、火傷などの恐れがあります。
ではサロンでは絶対に火傷を負う可能性が無いのかと言うと、それもNOでしょう。
レーザーはトラブルが多いというのは一種の妄言で、出力こそ違えども同じ内容の施術をしているサロンでも、こういったトラブルはじゅうぶん可能性はあります。
レーザー脱毛のメリットとしては、高出力の光を使うので、その分効果が早く得られることも魅力です。
また、なにかあった場合でも、クリニックで脱毛しているわけですから、迅速な処置が期待できます。
エステサロンでは、なにかあった場合すぐに対処できません。
店舗ごとに提携病院を教えてくれる程度で、治療費も払ってもらえるかはわかりません。
医療用レーザーが医療用である以上、施術者もドクターもしくは看護師が多いですから、「名前も知らないが激安なお店」よりはずっと安心できます。
まずはカウンセリングで肌を確認してもらい、不明な点は申し込む前に確認して、トラブルの無いよう心がけましょう。
以上のことをまとめると、
≪メリット≫:扱う光が高出力のため、効果が出やすいし、周りの皮ふへの影響も少ない。
      :施術をするのは医師か看護師なので、安心できる。      
      :何か(施術的な)トラブルに見舞われた場合、すぐに対応してもらうことが可能。
≪デメリット≫:光が高出力のため、皮ふの状況によっては火傷をしてしまう恐れがある。
       :クリニックによる自由価格のため(もちろん相場を見て決めているところが多いです)高額の場合がある。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

Page top

 

ミュゼプラチナム
◆エピレと同じ施術が受けられるのはコチラ!◆
TBCは全国展開で店舗数も多いので、「近くにエピレの店舗がない」
「予約が取れない」
という方はTBCへの申込がおすすめです。

↓↓↓↓こちらのバナーからお申し込みください↓↓↓
エステティックTBC

 

脱毛エステサロン

エピレの体験談

エピレとTBCについて

エピレの効果

エピレについて

エピレと他サロンと比較

見極め方のポイントは?

夏前に行って間に合う?

全身脱毛について

医療レーザー脱毛について

サロンで行なう脱毛のトラブル

脱毛にはどんな方法があるの?

自己処理について

毛と脱毛の基礎知識