エピレと他サロンと比較

エピレと脱毛ラボとの違い

これまで格安脱毛サロンと言えは「脱毛ラボ」でした。

有名人も多く通う脱毛ラボは、ワキ脱毛480円など、業界最安値プランをあみ出しています。

エピレと脱毛ラボの最大の違いは、プラン内容でしょう。

脱毛ラボの方が料金設定が少し複雑です。

エピレのようにS・Lパーツと2種類のみで分けておらず、各部分ごとに細かく料金設定されています。

最安のワキ1回480円から、最高両ひざ上1回6,980まで様々です。

これだけ聞くと一見高いのですが、脱毛ラボの最安たる所以は、全身脱毛フリーパスがあることです。

月額9,980円で1回60分程度、全身の4分の1程度を施術し、月2回まで予約を取ることができます

単純計算すると、最短1年で脱毛完了の平均回数6回を全身に行うことができます。

もちろん効果には個人差があり、1年で終わらない場合もあれば、月に2回も行けず、期間が長くかかる場合もあります。

この月額会員制コース以外は基本都度払いシステムです。

月額会員以外の都度払いでも割引はありますが、正直このフリーパスを知ってしまったらそれほど安くは感じないですよね。

エピレの料金設定は顔とデリケートゾーンのパッケージが格安である以外も、各サイズごとの回数購入がお得です。

以上のことを踏まえると、とにかく全身を脱毛したいという方は脱毛ラボ、各パーツを部分的にお得に脱毛したい方はエピレを選ぶと良いかと思います。


脱毛ラボの公式サイトへ

 

エピレと銀座カラーとの違い

銀座カラーも低価格脱毛サロンとして有名です。

全額返金保証があるのも銀座カラーとエピレだけでのサービスです。

しかし銀座カラーには、エピレにはないサービスがあります。

それは、「脱毛し放題プラン」です。

通常プランは、ほぼ自己処理が不要となる基準回数の6回となっており、それ以下も以上もありません。

銀座カラーのプランは3種類あり、各プランごとに6回コースと脱毛し放題コースを用意しています。

「デリケートチョイス」(エピレのSパーツにおおかた相当):1部位13,000円/6回・30,700円/脱毛し放題

「スタンダードチョイス」(エピレのLパーツにおおかた相当):1部位26,000円/6回・61,400円/脱毛し放題

「全身VIP脱毛22部位」:87,000円/脱毛し放題

キャンペーンが行われると上記の金額から大幅な割引があります。

基本的に6回(2か月に1回施術するとして1年間)で自己処理がほぼ不要となることはどのサロンでも共通していますが、あくまで「基本的に」であって、個人個人で毛の量や質が違うため、基本回数で終わらないことは多々あります。

その場合には、やはり追加料金を必要とするため、最初から「脱毛し放題」コースに申し込んでおくと、
満足の行くまで何回でも通うことができます。

高額なコースでも、金利・支払い手数料が無料の「月額制プラン」が利用できるので、支払いは楽です。

また、顔の脱毛も可能ですが、脱毛し放題コースには含まれないので注意が必要です。


銀座カラーの公式サイトへ

 

エピレとアリシアクリニックとの違い

アリシアクリニックは、池袋にある皮膚科・美容外科で、エステサロンではありません。

脱毛だけでなく、痩身・アンチエイジングやプチ整形と、美と健康に関するあらゆることを取り扱っています。

アリシアクリニックで扱うマシンは、1ショットの広さが従来のマシンの3倍あり、時間を大幅に短縮することができます。

医療用レーザーは高出力のため、サロンに比べ痛みが大きいことが問題でしたが、

アリシアクリニックでは、使用するマシンが搭載している吸引システムによってかなり軽減されています。

ただし、痛みの少ないサロンのフラッシュ脱毛でも痛みを感じる人がいるように、毛の量や質によって、感じ方は様々です。

効果があまり変わらないとなると、気になるのは料金だと思います。

各パーツによって細かく設定されており、3回と6回で選ぶことができます。

全身脱毛コース/全顔コース/VIOコースのお得なコースもあり、こちらも3回と5回で選ぶことが出来ます。

エピレのパックプランが

「フェイス・5」:60,600円/6回

「VIO・5」:60,600円/6回

と同価格であるのに対し、アリシアクリニックでは

「全顔コース」:144,300円/5回

「VIOコース」:61,900円/5回

となっており、デリケートゾーンの施術が同額なのに対し、顔の施術が圧倒的に高額となっています。

範囲の違いは眉毛が含まれているかどうかのみです。

また、デリケートゾーンの施術が同額といっても、トライアングル(下腹の部分)が含まれていません。

エピレの脱毛がいかに低価格かが分かりますね。


アリシアクリニックの公式サイトへ

 

エピレとジェイエステティックとの違い

ジェイエステティックは、脱毛とフェイシャル・ボディケアでトータルビューティーを目指すエステサロンです。

脱毛は、保湿を行いながら脱毛するという「冷光ヒアルロン酸進化脱毛」という自社開発の光脱毛を行っています。

他社との違いは、光脱毛に必須と考えられていたジェルを使わないことです。

冷却もマシンで施術しながら同時に行えるので、従来の4分の1(当社比)で行えるようになりました。

料金に関しては、エピレと同様、全身をSパーツとLパーツに分け、施術回数によって1回あたりの料金が変わってきます。

Sパーツは基本2,500円、1~7回まで1回あたり2,000円、8回以上で1,800円になります(いずれも税抜き価格)。

Lパーツは基本5,000円、4~7回は1回あたり4,000円、8~16回で3,900円、17~39回では3,800円になります(いずれも税抜き価格)。

ここでいう「○○回」は別箇所と合算でき、例えば手&指(Sパーツ)4回とうなじ(Sパーツ)4回で、施術は計8回という表記になります。

この場合は、2000円×8回=16,000円ですね。

ジェイエステティックの場合は基本を4回で表記しています。

脱毛の満足度にもよりますが、6回が自己処理がほぼ不要となる平均回数のため、場合によっては、概算を出してもらったら思っていたより高くなったということもあり得ます。

また、全身プランもあります。

90,000円(税抜)で部位や回数を自由に選べ、40回サービスを受けることが可能です。
分割払いが可能で、両ワキ12回がプレゼントされるのでかなりお得なコースと言えます。

ジェイエステティックの契約は部位を決めないので、好きな場所を好きな回数脱毛できるのでムダがありませんね。


ジェイエステティックの公式サイトへ

 

エピレとエターナルラビリンスとの違い

エターナルラビリンスは、全国約30箇所にサロンがある脱毛専門サロンです。

エターナルラビリンスは主に「全身脱毛」に主眼をおいているサロン。

1年間で全身22ヵ所が6回施術できるコースが、月々9,500円で利用できるキャンペーンが行われています。

ホームページには、他のコースの施術料金は記載されていません。

おそらく店舗それぞれ独自のキャンペーンを行うことが多いのでしょう。

他のサロンに満足できずに流れてきた人が集まるエターナルラビリンスは、宣伝費を極力抑え、施術に必要なものに力を注いできました。

エターナルラビリンスがもつラグジュアリー感は、キャンペーン企画以外のプランの料金(未公開)はかなり高くなっているのではと予想してしまいます。

しかしキャンペーンで示した料金は、格安サロンにも劣らないほどのコストパフォーマンスでした。

実はエピレも、全身脱毛は大々的には行ってはいないのですが、実はあることはあります。

エターナルラビリンスと比較するには、その料金も比較してみたいところです。


エターナルラビリンスの公式サイトへ

 

エピレとグランモアとの違い

グランモアは、脱毛だけにとどまらず、フェイシャルやボディ、バストの悩みを抱える女性に対して、

また結婚を控えた女性へのブライダルエステと、女性をトータルプロデュースするエステサロンです。

脱毛は光脱毛を採用しています。

こだわりとしては、脱毛とはただ毛を無くすだけではなく、お肌を美しく仕上げてこそサロンのサービスとして考え、施術前は「強酸性水」を、脱毛後には「沖縄海洋深層水が配合されたローション」を塗布し、お肌のバランスを整えることを必ずおこなっています。

ただ、他のプラン(フェイシャル、ボディ、バスト)に関しては料金一覧が掲載されているにもかかわらず、脱毛に関してだけは、これと見て分かる情報が掲載されていないのです。

参考程度に、一般に公開されているキャンペーン情報から、料金を見ます。

1か所選べる全身どこでも脱毛 5回 3,000円

VIO脱毛各3回セット 30,000円

お手軽全身脱毛コース 5回 100,000円

批判をしている人は見る限り誰もいませんでした。

聞くと、サロンの雰囲気やスタッフの方々の対応が非常に良く、効果もばっちり出るので、多少高くても値段相応であると思う、とのことでした。

エピレはまだ新しいサロンですが、格安サロンがこういった内面的部分で既存のサロンに勝っていけるのが、

安いという意味での「値段相応」と思われてしまわないように、ここから頑張ってほしいと思います。


グランモアの公式サイトへ

 

エピレとエステタイムとの違い

これまで首都圏あるいは全国展開しているサロンと比較してきましたが、今度は関西拠点のエステタイムという脱毛サロンと比較していきます。

エステタイムでは、プラチナショット脱毛と命名した、光脱毛と同時に冷却を行う独自のマシンを導入しています。

料金設定は、SパーツとLパーツにのみ分かれており、4回単位での購入となります。

Sパーツは8,500円から11,900円/4回、Lパーツは15,200円から26,500円/4回となっています。

エピレと料金比較してみます。

エステタイムで扱いVIOは3か所となります。

エステタイム「VIO」:3か所4回でキャンペーン価格2,980円
エピレ「VIO・5」:5か所2回でキャンペーン価格6,000円

料金的にはエステタイムの方が安い計算となりますが、エピレの方が脱毛範囲は圧倒的に広くなります。

また、4回の施術では満足の行く結果にならない可能性は高く、追加購入することを勧めてくる場合もあるかと思います。

一般的には6回が基準となってくるので、エステタイムで施術を希望される場合は、結果を求めるのであれば追加料金を覚悟しておきましょう。

その前に、エピレを選ぶことをおススメしますが...。


エステ・タイムの公式サイトへ

 

エピレとシースリーとの違い

シースリーは、首都圏に5店舗構える、比較的小規模なエステサロンです。

主なメニューは脱毛とバストアップ、店舗限定で痩身メニューも取り扱っています。

脱毛はフラッシュ方式、ジェルを塗布して光を照射する通常の光脱毛ですが、シースリーで特筆すべきは、予約方法を一新したことです。

エステサロンの予約方法といえば、施術当日に次回の予約を入れるか、後から電話で予約する方法が一般的です。

現在もほとんどのサロン・クリニックがこちらの方法ととっています。

シースリーは、24時間オンラインでネット予約が出来るシステムを、業界初で導入しました。

空き状況も一目瞭然で、なかなか予約がとれないというストレスから女性を解放したと言えます。

エピレの予約方法は、当日に次回の予約を入れるか、電話をする方法です。

ずっと先まで予約が取れないということはありませんが、希望の日が埋まっていることはもちろんあります。

オペレーターの言葉だけでなく、目で見て明らかなネット予約は、エステ業界でも今後普及していってほしいですね。

さて脱毛の内容ですが、パーツごとの価格もコース価格も、通常価格は決して安くありません。

しかし実際の施術料金は、他社の光脱毛と比較して高額すぎることもありません。

このからくりは、全てのプランが「タイムセール」方式で料金表示されていることにあります。

例えば、全身脱毛が6回で363,000円で、いついつまでに申し込めば95,000円ですよ、という形です。

全身6回で95,000円は、相場的にかなり安い方と言えます。

キャンペーン価格なので、必ずしも95,000円で施術できるというものではありません。

時期が変われば変動する可能性もあります。

それよりも、まずは通常価格の363,000円がどこから出てきたのか、が問題でしょう。

なぜなら、部位ごとの単価が明確にされていないからです。


部位別の料金表示もありますが、こちらもキャンペーン表示になっており、各パーツ全ての料金が表示されているわけではなく、

中には部位別のはずなのにセットでの価格表示も含まれており、内訳があいまいです。

契約する前に、確認を取った方がいいでしょう。

結果的に安ければいい、は禁物です。

どのサロンも、無理な「勧誘」は無いと表示はあっても、他のプランの「紹介」は当然ありますから、安さだけに惹かれると、

最終的には高額な料金になってしまうこともあるからです。

脱毛をするにあたっては、脱毛したい箇所のそれぞれの単価はいくらか、合計でいくらになるか、セットで割引になるのか、

回数は何回分か、最終的にその価格は適正か、を判断し、計画的に行うようにしましょう。

そういった観点からみると、エピレ、脱毛ラボ、ジェイエステティックなどは安心して申し込めます。


シースリーの公式サイトへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

Page top

 

ミュゼプラチナム
◆エピレと同じ施術が受けられるのはコチラ!◆
TBCは全国展開で店舗数も多いので、「近くにエピレの店舗がない」
「予約が取れない」
という方はTBCへの申込がおすすめです。

↓↓↓↓こちらのバナーからお申し込みください↓↓↓
エステティックTBC

 

脱毛エステサロン

エピレの体験談

エピレとTBCについて

エピレの効果

エピレについて

エピレと他サロンと比較

見極め方のポイントは?

夏前に行って間に合う?

全身脱毛について

医療レーザー脱毛について

サロンで行なう脱毛のトラブル

脱毛にはどんな方法があるの?

自己処理について

毛と脱毛の基礎知識