脱毛にはどんな方法があるの?

レーザー脱毛とは

レーザーとは、波長の長さによって特定の色や物質にのみ作用する性質をもっています。
それを利用し、黒い色だけを感知し、その部分にのみ集中的に熱を加え、組織を破壊するのがレーザー脱毛です。
もとは、アザやシミなどを取り除く医療行為から生まれました。
それ故レーザー脱毛は、医療用レーザーと言われ、医師でないと行うことができません。
理由は、黒い色だけに反応する単一のレーザー光は、高出力のため肌トラブルの可能性が高いということ。
一般的にサロンで行われる脱毛は光脱毛と言われ、波長が複数ある光を利用する点で区別されます。
波長が複数あるということは、複数の色やものに反応するということです。
その為、高い出力で光を当てると、狙った組織以外の部分も破壊されてしまう可能性があるため、低出力でしか行えません。
こう聞くと、光脱毛よりレーザー脱毛の方が効果が高いのでは?と思われるかもしれません。
確かに、出力の弱い光では、その分時間がかかるかもしれません。
しかし、強い光は色素が濃い部分(アザや日焼け後など)には過剰に反応してしまい、火傷などの恐れがあります。
そういう面では、サロンで利用されている光脱毛の方が安全性は高いと言えます。
とは言っても、全てのサロンで同じ機械が使われているわけではありません。
まずはカウンセリングで肌を確認してもらい、不明な点は申し込む前に確認して、トラブルの無いよう心がけましょう。

 

電気脱毛とは

もともと、永久脱毛と言えば電気脱毛でした。
別名、針脱毛・ニードル脱毛とも言い、毛穴に細い針を刺して電流を流し、毛根を焼き切るものです。
一本一本の毛の根元に針を刺して行かなければならないため、ワキを片方行うだけでも非常に長い時間がかかります。
また、針を当て、通電する際に痛みを感じることが多いのもデメリットのひとつでしょう。
電気脱毛は針で直接毛根に熱を与える為、施術が終わった後はしっかりと冷却し、腫れや赤みをひかせる必要があります。
痛みを軽減するため、施術前に冷やす場合もあります。
施術を行う人には熟練した技術が求められるため、行っているサロンはそれほど多くありません。
技術が未熟な人が行うと、針を刺した際に毛根以外にもダメージを与えてしまい、脱毛の効果が薄れるばかりか、重度の火傷を負わせてしまうこともあり得ます。
そのため、施術を受けるためには高額な費用がかかってきます。
逆に、光脱毛は施術を行う人によって結果に差が出ることは少ないので、サロンも多く低価格が実現しているとも言えます。
最近はエステティシャンを未経験者でも採用する企業が増えていますが、機械によって施術方法が簡略化したことは大きな理由のひとつとなっているでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

Page top

 

ミュゼプラチナム
◆エピレと同じ施術が受けられるのはコチラ!◆
TBCは全国展開で店舗数も多いので、「近くにエピレの店舗がない」
「予約が取れない」
という方はTBCへの申込がおすすめです。

↓↓↓↓こちらのバナーからお申し込みください↓↓↓
エステティックTBC

 

脱毛エステサロン

エピレの体験談

エピレとTBCについて

エピレの効果

エピレについて

エピレと他サロンと比較

見極め方のポイントは?

夏前に行って間に合う?

全身脱毛について

医療レーザー脱毛について

サロンで行なう脱毛のトラブル

脱毛にはどんな方法があるの?

自己処理について

毛と脱毛の基礎知識