見極め方のポイントは?

サロンの選び方

Ⅰ、まず脱毛サロンに通う前には、かならず希望の店舗(もしくはカスタマーセンター)に電話で連絡しますよね、

その時の対応をよくチェックしておきましょう。
感じが良ければまず第1関門はクリアです。
電話での対応が良くないと、お店での対応に期待は持てません。
脱毛についていろいろ不明なところを聞いてみると、スキルによって答えられない人もいると思います。
ある程度の知識は身につけておくべきだとはもいますが、大手のサロンの場合カスタマーセンターは予約を取る部署になってくるので、
専門的な知識よりも明るく感じの良い対応かをチェックしておきましょう。

Ⅱ、次に、勧誘があるかどうかを確認しましょう。

脱毛にもいろいろプランがあり、サロンとしてはより良いサービスを受けてもらいたいために、他のプランの「紹介」は必ずどこでも行います。
ですから、勧誘がないサロンはあり得ません。
しかし、「無理な勧誘は行いません」とホームページにでも明示していれば、プランの紹介をされても「無理です」「要りません」と言えば、すぐに引き下がってくれることが多いです。
ですから、「無理な勧誘は行いません」と記載されているサロンを選べぶのが良いかと思います。

Ⅲ、次に、候補のサロンの料金設定を事前に調べておきましょう。

料金が明確に表示されていないサロンは、契約の際のトラブルが多いのが現実です。
最初、格安の1回お試しだけを受けるつもりで行き、「○○か月くらいかければ、ここまでの効果を出せますよ」と言われたら、キレイになりたい願望を持つ女性であれば、通ってもいいかな?って思ってしまうのが常です。
そこで見積もりを出してもらったら、「えっ!?」と思うような金額が提示されていることがあります。
そうなる前に、まずはその店舗が行う施術料金を、カウンセリングに行く前に調べるようにしましょう。
ホームページに載せていない会社もあるので、その場合では直接サロンへ電話してみるのも一つの手です。
ここであやふやな答えしか返ってこないのであれば、そのサロンはやめた方がいいでしょう。

Ⅳ、最後に、体験コースを利用してみるのがいいでしょう。

体験コースは無料の場合もありますが、ほとんどが格安料金での提供となっています。
Ⅰ~Ⅲの条件でいくつか候補のサロンを、既に頭に思い浮かべている方もいると思います。
まだそうでない方も、Ⅰ~Ⅲのポイントを見て、幾つか候補を出してみてください。
そして、そのサロンが体験コースを用意しているかを調べます。
ネットで調べればすぐに出てきます。
体験コースにもいろいろあることが分かりますね。
1回のみの体験もあれば、複数回通う場合もあります。
通常1回では脱毛の効果は見れませんので、その場合はお店の雰囲気や、立地(定期的に通えるのか)、他の客層などを見ておくといいでしょう。
複数回通う場合でも、以上のことはぜひ確認してほしい項目になります。
お店の状況により、カウンセリングと体験の1回目が同日になるのか、それとも別日になるのかは変わってくるのでなんとも言えませんが、
最初に行ったときの印象は、メモなどして大切に取っておきましょう。
同日の場合には、体験と言えども料金が発生するため、契約書を記入する必要がでてきます。
このとき必ず、カウンセリングをしてくれた人が、「通う期間の目安(実際に見た本人の条件をもとに算出したものがベスト)」「料金の明確な表示」「クーリンオフ制度」「日焼けの説明」その他もろもろを教えてくれると思います。
もし抜けがあったらこちらから確認しましょう。
また、中には施術内容に納得がいかなかった場合、返金保証を設けいているサロンもありますので、当てはまるサロンを考えているのであれば、
適用条件を聞いておきましょう。
お店を選ぶ大体の流れをお話ししましたが、これでも足りないくらいです。
脱毛サロンは、現在数多くありすぎるくらいあり、中には、悪い言い方をすると詐欺まがいのところもあります。
キレイになりたいという女性の弱いところをついてくる悪質な業者も実在しますから、それに引っかからないよう、正確な知識をもって臨みましょう。

 

高額サロンと激安サロンは高額サロンの方が効果が高い?

ここ数年、低価格サロンが急激に増えてきていると思いませんか?
だからと言って、高額な料金がかかるエステサロンががなくなることはありません。
これは、低価格サロンも高額サロンも、両方世間に需要があるということです。
感覚としては、安いサロンよりも高いサロンの方が効果が高いように思われるかもしれません。
しかし、必ずしもそうとは限りません。
安くても効果が高いサロンはたくさんありますし、高いからと言って、安いサロンよりも効果が高いとは言い切れません。
逆に、安かろうが高かろうが、お金を払っている以上は効果そのものは出てもらわないと困りますよね。
選ぶ基準は、効果そのもの以外に何を求めるか、要は付加価値です。
例えば、広告費・宣伝費を削って料金を安価にしている会社は、そこにお金をかけている会社よりも知名度が低いでしょう。
知名度が高いということは、ある程度の安心にもつながります。
料金を高く設定している会社は、使っている器具やケア用品が高名だったり、内装にこだわっていたりします。
雑然としていつも忙しそうなサロンより、静かでリラックスできるサロンの方が良い、という方もいますよね。
重要なのは、料金の安い高いだけで決めない、ということです。
自分が何を求めているのか、サロンの何を重要視するのか、しっかりとした見極めが必要です。

 

契約する前に確認したいポイント

サロンに通うには、必ず契約書を交わします。
その後は、その契約書に書かれている内容が何事にも重要になってきます。
例えばなにかトラブルがあった際、こちらがどんなに一般的に正論を言おうとも、契約書に書かれていることが全て正しいということになります。
何を言っても「だってこの内容で契約したでしょ?」と言われてしまえばおしまいですからね。
契約をする際、本当にその内容で契約していいのかをよく確認しましょう。
脱毛サロンに契約する前に、確認しておきたいポイントをご紹介します。
まず、コース料金にケア用品の料金が含まれているかどうかです。
脱毛を行う際には、器具の滑りを良くし効果を高める為にジェルを使用するのが一般的ですし、施術後はクールダンが必要です。
乾燥もするので、ローションなどでの保湿が内容に組み込まれていることも多いす。
その時に必要になるジェルやローションは、別料金ではありませんか?
表示価格が「施術料」のみの場合もあるのです。
次に、追加の料金はいくらかかるのかを確認しましょう。
脱毛のプランは○○回でいくら、と回数でパックになっているものがほとんどです。
個人の毛の量や質によって、その回数では自分が思っていたような効果が得られない場合があります。
追加で申し込みをする場合、1回単位でできるのか、再度複数回のパックで購入しなければならないのか、
その場合はいくらかかるのか、などを確認しましょう。
また、忘れがちなのが解約時の手続きについてです。
解約の際はどこに連絡するのか、どのような手はずになるのかももちろん重要ですが、一番聞いておきたいのは解約時の手数料です。
脱毛は長期にわたるの契約になるので、途中で解約する場合に解約料がかからないかは重要です。
また、残った回数分の返金が可能なのかも必要な情報ですね。
ちなみに、エステはクーリングオフ制度の対象になるので、契約日から数えて8日以内ならば、書類に何が書いてあろうと解約ができます。
最後に、なにかトラブルが発生した場合の対応を確認しましょう。
脱毛に多いトラブルは火傷ですが、病院にかからなければならなくなった場合の治療費は保証されるのか、その場合の請求先はどこか等です。
こういった内容は対面している人には聞きづらい部分があります。
しかし、だからといって遠慮していては、いざという時に自分が困ることになります。
最後に、聞いた内容が契約書に書かれているかどうかも、忘れずにチェックしてくださいね。

 

 

Page top

 

ミュゼプラチナム
◆エピレと同じ施術が受けられるのはコチラ!◆
TBCは全国展開で店舗数も多いので、「近くにエピレの店舗がない」
「予約が取れない」
という方はTBCへの申込がおすすめです。

↓↓↓↓こちらのバナーからお申し込みください↓↓↓
エステティックTBC

 

脱毛エステサロン

エピレの体験談

エピレとTBCについて

エピレの効果

エピレについて

エピレと他サロンと比較

見極め方のポイントは?

夏前に行って間に合う?

全身脱毛について

医療レーザー脱毛について

サロンで行なう脱毛のトラブル

脱毛にはどんな方法があるの?

自己処理について

毛と脱毛の基礎知識